DSC_1636



そういやレボ様から「中小企業経営・政策(政策編)」が届いてた。一週間前くらいに。薄め。これの中身については後日さらっと書いてみようかな。(日曜かな)
(この仮面ライダーたちは食玩ですよ!!クオリティが高い!かっこいいいいい!!)






サトウ君、タグチ君、手伝ってくれてありがとう!


どうも

即断即決、効率的な仕事ぶり&将来超有望株のキャリアリーマンです。


どうしたの中堅SEくん


え?取りたいと思っている資格があって勉強しなくちゃならないのに、それとは関係のないビジネス書や自己啓発書を読んでしまう?


ダメリーマン(´・ω・`)


モジホコリという粘菌はエサを手に入れるための迷路を迷いながら進みますか~?



しない。
最短距離で移動するの。
(参考:http://karapaia.com/archives/52085185.html



本当にやりたいこと、なりたい目標があればそんなことにはならない。


本気で勝負、

しないの?









大変失礼しました。


今思い付きで書きました。粘菌のネタもよく思いついたなと自分でも関心。

しかし「35億」にあたる部分は思いつかなかった。



ダメリーマン is me
(なんかウィズビーみたいな語感)


電車の中でも勉強すべきなのに、隙間時間は有効に使いたいのに、読書をしてしまう。今日もマーケティングについての本を読んでいました・・・。
ためになるのですが、今じゃない・・・・。

頑張らな。



で、それとはちょいと話が変わりまして、ちょいとね、ちょいと。


短大・専門学校等、在学中に保育士の資格を取った人とか、プログラミング系の勉強や資格をとった人がそのまま保育士になるとかIT系の企業へ就職するってのは一般的かと思うけど、中には惰性で進んだ人もいるだろうな~と思うこの頃。


といってもそれは仕方がないのかもしれない。若いときにそんなに深く考えられない。今でこそ色々な著名人の考え方や生き方を知ることができているので、その内容を自分に落とし込んで正に自分の足で将来を選べますが・・・。


「自分はこの資格を持っているから」や「この勉強をしたのだから」で、「だからこういう職種にしよう」となるのは若いうちは仕方がない。今思えばその「資格」「勉強」に縛られて、それを当てはめられる仕事は何か、という思考になってしまうのはしょうがないのかもしれない。

けれど本来は本当に自分がしたい仕事、を選んでおきたい。

「資格」を活かせる範囲の中で自分がしたい仕事、となるとだいぶ領域が狭くなる。

コンサルなんて中小企業診断士の資格がなくてもできますし・・・。というか中小企業診断士じゃなきゃできない職業というものって今はないですよね(ないよね??)

とはいっても先に挙げた粘菌のように、自分のやりたい仕事へ効率よく最短で向かうために必要であるなら話は別です。勉強しましょう。


ダメリーマンを脱却しつつ、視野も広く・・・。

以上!