独学で中小企業診断士を目指す!!中堅SEの挑戦...!!

中小企業診断士を独学で目指す社会人4年目SEのブログ
通信講座(診断士ゼミナールレボ)と市販のテキスト(TACのスピテキ、スピ問)で勉強をしています。

2016年の9月から勉強スタート!
2017年の一次試験突破を目指します!⇒勉強不足により4科目受験へシフト(2017年5月)

主に中小企業診断士の勉強の進捗状況と勉強方法を書いてます
たまに読んだ書籍の紹介と雑談もつらつら
みなさんと情報の共有や雑談でやり取りしていきたいです
使用しているレボについての紹介はこちら!!
気になる評判・口コミはこちら!!

現在読んでいるのはこちらです。

DSC_0226

『脳を鍛えるには運動しかない!』
ジョン・J・レイティー 、 エリック・ヘイガーマン 著
野中香方子 訳

色々な書籍の紹介をする書籍だったり
著名人があげる書籍の中にはほぼ必ずこいつが出てきます。

もしくはその後に出版された「眠れる野生を呼び戻せ!」的なタイトルの本 

前に読んだDaiGoの『自分を操る超集中力』 の目次の中でも
「眠れる野生を運動でとりもどせ!」があるのでおそらく(ほぼ100%)
DaiGoも読んだのでしょう。

まだ読み始めて間もないですが、かなり運動したくなります。
特に勉強をしているとき。

体育教師と医者の複数名で何年も行った実験と調査、解析の結果、
運動によって学習能力等々があがるという結果をまとめているのですが、
かなり読みやすいです。

その研究に至るきっかけから面白いです。
アメリカのとある学校から始まった。

想像以上に全然 堅い文章じゃないです。
物語風です。

それと、自分は学生時代がヨーロッパ文化学科 でとりわけドイツの文学を専攻してました。
ちゃんと勉強はしていなかったけど(もったいない・・・)

ドイツ語の本ももちろん読んだのですが、和訳された原本はドイツ語の書籍も
読んでました。

そのなかにですね、苦手なものがあったのです。

和訳 です。

どこの国でもそうですが、その国で形成された言葉の概念や本質的、または
表面的な意味等ってそのまま日本語、別の言語にすることって不可能じゃないですか。

英語の「言う・話す」っていくつか単語があるやん。あるじゃないですか。
そんな感じ。

日本語の「雰囲気」だって英語のアトモスフィアに置き換えるけど、
絶対に受け取る内容って少々異なるやん。異なるじゃないですか。

もったいない、とかわびさび、とかそういう概念がないのと同じで、
別の言語の根幹ってそこで生まれて生活しなきゃまるごと理解はできない、と思う。

そのためドイツ語を和訳した文学って読みづらかったんです。
できるだけ日本語でわかるように訳はしてあるんですけど、ちょっと言い回しが
変だったりする。

なので苦手意識があったのだ。

しかし、

この『脳を鍛えるには運動しかない』は
全くそういう部分が見受けられない。

訳をした野中さんて人が最高に優秀だったとしか思えない。

さきほども書きましたが、読みやすい。
かつ楽しい。

ページ数は345あるので読了までは時間がかかると思う。
一刻も早く読まないと!とかいうのもないので。趣味なので。

なので並行して別の書籍も読む。

並行するのはこいつら。

BlogPaint


書店でやたらめちゃくちゃ目につく『嫌われる勇気』 
そんなに良いのか?と思ってまたもや1ページも開かずに購入。
これ2013年に第一版が刷られているのか・・・。

哲学なので興味分野だし、いいかなーと思って購入。
ほんとうはキュルケゴールかハイデガーで読みやすい書籍がほしい。

次いでこいつ。

BlogPaint

『一気にわかる世界史』
世界史って面白いですやん。理由はそれだけ。
こいつは2016/09/10に第一版が刷られたらしい。嘘やん。ふらげ。なんだかうれしい。

全部ネットで購入している。
この上2冊は今日届いた。

まだ届いていなくて購入したものは
お金の流れでわかる世界の歴史』 世界史って面白いからさ。
あと私金融系のSEでもあって興味ありあり

あとはホリエモンの『本音で生きる』 
最近たまにバラエティで見る。


以上。本、は自己投資にもなるし自分の知らない知識をつけられるのは楽しいし。

イイネ!!! 

 

こんにちは

3年目SEです。

現場へ出向して作業をするのが基本です。

そのため現場には自社以外のメンバーと作業をします。

自社メンバーも割とランダムです。

自分が所属している課・グループの人じゃない人と作業します。

報告は自分が一緒に作業している自社メンバーではなく、
所属している 課・グループに行います。

所属している 課・グループに私と作業をしている人はいないため
こまめに報告しています。

それがくそめんどくさいんだよ!!!!!!!!!!!!!というお話。

しょうがないんだけどね。

今日はね、月報というのを作成して提出する期限日だった。
8月度のね。

あとは毎週送る 週報 というのもある。

そのほか色々ある。
自社以外に提出する報告書もある。

SEは基本的に私と同じような環境ではないでしょうか?

評価を行う人はもちろん 所属している 課・グループ の人。
私の仕事ぶりを実際に見た人が行うわけではない。

私が提出、報告している内容と面談をもとに評価をつける。

頑張れば誇張もできるメリットはあるけど、
この毎回ちょこちょこと報告する手間と誇張が失敗に終わるリスクを考えるとデメリットのほうが大きいです。

提出期限もちゃんと守らなきゃいけないのもな。
上司によっては融通が利く人も社内にいると聞いてしまったのでそれは羨ましいと思った。

現在はとある金融システムのバージョンアップ対応しています。
要件定義は終わり、基本設計の前、準備段階です。

ある会社が納品する納品物の品質が悪すぎてその分稼働が高くなってきています。

がんばろ。以上。
 

以前、診断士ゼミナール レボ の 通信講座をキャンセルした経緯のあるヒューマンアヒルです

もうレボとは合わないんだと思って割り切るようにした。
レボの講義内容や方法はとても好きで個人的には自分に合っていると思っていますが、
運営側とは合わないのです。

診断士ゼミナールの皆川さんと。

いや本当皆川さんに当たったら皆川さんが書いた返信内容等は注視したほうがよいですよ。

ちくしょう・・・

モニター・・・
DSC_0224

机の上汚し。

モニターね、PCに繋げて出力されているこのモニターね、

レボの講義動画を大きな画面で見ようと思って購入したのだ。

やはり少しでも大きく解説や図を見たほうが記憶に残りやすいのかなと思ってね。

それがほぼ無駄になっている現在。

仮に中小企業診断士の勉強を市販のテキストで始めたら
完全に無意味なモニターとなってしまう。。。

ま、切り替えよ。

そして現在はまだどのように勉強をしていくかは決めていません。

次こそは勉強方法や計画を一度決めたら守り通す、やりきるって決めているので
慎重に情報収集中。

いろいろ合格体験談をネットで見ていますが、当然三者三様なのです。

テキスト
テキスト + a
通勤講座
通勤講座 + a
通学講座
通学講座 + a

また勉強開始の月や科目もいろいろ
「経済からやるべし」というのもあれば「企業経営からやるべし」等

幸いにもまだ9月初旬というのは
勉強スタートするのには早め(語弊がある↓)

(早めというのは、半年や4か月の勉強で一次試験を合格されている方も多々いるようなので
その方たちと比べて、という意味です) 

通勤講座、

こいつ、考えました。

欠点としては
レボとは違い、講義動画をダウンロードできないところ。

講義動画はすべてストリーミング再生となります。
(音声のみの動画はダウンロード可能らしい)

そのため毎回通信を行うことになる。

売りとしている
「通勤中でも受講可能」 という面でいうと
通勤中にストリーミング再生をするということ

つまり通信を行う。

私の格安シムの現在のプランでしたらそのようなことをしたら数時間で
通信速度制限が入ってしまいます。

そのためポケットWi-Fiも考えまししたが、、、
悩ましいところです。

もし仮に通勤講座を受講するのであれば、

講義は自宅のみ、

復習のための音声オンリー講義は隙間時間に、という運用になりますな。

まだしばらく結論はでないと思います。

でも何も進まないのはよくないと思い、
こちらを購入しました。

DSC_0220
 
 2017年度版だったので・・・ね。

ちなみに近くの書店で売っていたのですが、スピードテキストはまだ2016年度版でした。

とりあえずこいつをさっと読んどく。

初めの一歩を踏み出した、ということにしておこうっと!!!!! 




※結局その約2週間後にレボを再開しました。 

ブログのレイアウトをここ数日でコロコロ変えてしまっています。
シンプルに見やすく でしっくりくるものを探している
これだー!というものには まだ出会えていませんがとりあえず今の
レイアウトで1か月過ごしてみよう。
勉強、どうやっていこうかな・・・
早く決めないと時間がもったいないなー・・・

ジュウオウジャーのミニプラ(おもちゃです)ほしいな買っちゃおうかな・・・ 

↑このページのトップヘ