独学で中小企業診断士を目指す!!中堅SEの挑戦...!!

中小企業診断士を独学で目指す社会人4年目SEのブログ
通信講座(診断士ゼミナールレボ)と市販のテキスト(TACのスピテキ、スピ問)で勉強をしています。

2016年の9月から勉強スタート!
2017年の一次試験突破を目指します!⇒勉強不足により4科目受験へシフト(2017年5月)

主に中小企業診断士の勉強の進捗状況と勉強方法を書いてます
たまに読んだ書籍の紹介と雑談もつらつら
みなさんと情報の共有や雑談でやり取りしていきたいです
使用しているレボについての紹介はこちら!!

「書籍関連」カテゴリー配下に「夢をかなえるゾウ」カテゴリーを作成しました!!

どうぶつさんたち だいしゅうごうだ わいわい!

みんなで たのしく うんぱっぱのぷんぷん!
おなか ぽんぽんぽんの やっほー!
(岡崎体育『感情のピクセル』https://www.youtube.com/watch?v=3yoJY0IqiV0&t=3s

岡崎体育は天才だと最近よく耳にします。


IMG_20170306_211613


以下のガネーシャの課題のうち、19、20、21 の内容を記載します。

■ガネーシャの課題
1.靴をみがく
2.コンビニでお釣りを募金する
3.食事を腹八分におさえる
4.人が欲しがっているものを先取りする
5.会った人を笑わせる
6.トイレを掃除する
7.まっすぐ帰宅する
8.その日頑張れた自分をホメる
9.一日何かをやめてみる
10.決めたことを続けるための環境を作る
11.毎朝、全身鏡を見て身なりを整える
12.自分が一番得意なことを人に聞く
13.自分の苦手なことを人に聞く
14.夢を楽しく想像する
15.運が良いと口に出して言う
16.ただでもらう
17.明日の準備をする
18.身近にいる一番大事な人を喜ばせる
19.誰か一人のいいところを見つけてホメる
20.人の長所を盗む
21.求人情報を見る
22.お参りに行く
23.人気店に入り、人気の理由を観察する
24.プレゼントをして驚かせる

■最後の課題1
1.やらずに後悔していることを今日から始める
2.サービスとして夢を語る
3.人の成功をサポートする
4.応募する
5.毎日、感謝する



なぜ『夢をかなえるゾウ』に記載されている課題について書いているのかは過去記事(こちら→『夢をかなえるゾウ』、等々について書いていこう(今後)にあります。(端的に言うと自分のため)

尚、独自の解釈も含まれていますのでご了承ください。

では、次から課題について記載します







 19.「誰か一人のいいところを見つけてホメる」



ありきたりな課題・・・。しかしありきたりだがなぜそれが大事か?と聞かれたらそれこそありきたりな回答をする人が多いと思います。例えば「人間関係が良好になる」とか。

正しいのですが、そんなもんではないです。

ちょっと自分の話になりますが、というか誰でもそうだと思いますが、「自分のことを好いている人のことは好きになるが、嫌っている人は嫌いになる」。

なぜなのか・・・。「自尊心」が関係しています。ホメてくれる、その人の近くにいると自尊心が高まります。そしてその人のために何かできることがあればしてあげたいという気持ちになります。

私がこれまでにちょろっと書いたことがある「Give & Give & Give の精神」も同様の考えです。(ちなみにこれは「見返りを求めるな」という考えであるのと、見境さなく誰彼構わずGiveすることでもないので注意)

また、前回セミナーを受けた際のテーマ「共感力」にも一部当てはまります。

そして、人の良いところを見つけてホメていると、どんどん人が集まります。

しかし気を付けるべきは、相手の本当に素晴らしいと思うところを見つけて、正直な気持ちでをれを伝えることです。そうでなければ表面上のただのおべっかになります。

p.216
ガネーシャ「~(中略)~成功したいんやったら絶対誰かの助けをもらわんと無理やねん。そのこと分かってたら、人のええところ見つけてホメるなんちゅうのは、もう、なんや、大事とかそういうレベル通りこして、呼吸や。呼吸レベルでやれや!~(以下省略)~」





 20.「人の長所を盗む」



引き続きこちらもありきたりな課題。

この課題はその一つ前の19と連動させるものです。19にて、「相手の本当に素晴らしいと思うところを見つけて」と書きましたが、まさにそれを模倣することが大事です。

書籍の中では何名かの有名な事業家の例が記載されていますが、その例ではすべて別の企業が行っていた、お客さんが喜ぶ素晴らしいことを模倣して成長した、というものです。

会社単位での話になると法律等々が絡んできますが、素晴らしいと思う同僚や上司の技術、言動は模倣してもOKなのでどんどん真似してみましょう。
真似して初めて気づく技術に出会える
かもしれません。




 21.「求人情報を見る」



私が知っている職業は中小企業のSEです。これだけです。

大学時代は遊んで過ごし、イメージの湧かない就活に対しては比較的真面目に取り組みIT企業ばかりを受けてきました。

そしてSEとなりましたが、当然どんな仕事をするのか等は就職して現場へ配属されるまでわかりませんでした。

今の仕事より向いている仕事はあるかもしれない、というより絶対にある。しかしそれが何かわからない。というのもSEしか知らないから。

友人から友人の仕事内容を聞いてその場で納得できても、実際の現場に立って作業したら想像と全く違うなってことは容易に想像ができる。

私が一生をかけても良いと思える仕事はなんだろう。言い換えれば、私が常にドキドキワクワクしていられる仕事ってなんだろう。

どうやってそれを知ることができるのか・・・。それはその世界へ飛び込んで実践するしかないです。

給料が、世間体が、なんて気にするなんてナンセンス。自分の1回の人生を大学卒業後の1つめの会社で終わらせて良いのだろうか。それじゃあ何も知らないまま禿爺になってしまう。

世の中にどんな仕事があるかをもっと知らなければならない。そしてその中で今より興味を持てる場所で働かなければならない。



そんな感じのことが書かれていました。

ちなみに、自分の力を発揮できてかつ常にわくわくできる仕事は絶対に見つかるそうです。そしてそれを見つけるまでは探すことを辞めてはいけない!的なことをガネーシャは言っています。

(絶対見つかる理由も書かれていますが、その部分は実際に購入して読んでみてください。等書籍はベストセラーであるだけに、中古が売られているのをたくさん見ます)




今回の3つ
「誰か一人のいいところを見つけてホメる」
「人の長所を盗む」
「求人情報を見る」

を簡単に合わせてみると、

相手に自尊心や高揚感を与えそれが求心力に繋がり、またそのホメた素晴らしい部分を自分の力にする。そして自分の力を最大限発揮できる天職と出会い、向上しつづけていく・・・。
(適当に書きました(笑))




以上です。

私は普段小説を読みませんが、『夢をかなえるゾウ』は自己啓発、成長、キャリア形成とともに小説としても面白く、読みやすいです。当時流行した理由がわかります。気になる方はぜひブックオフ等で探して購読することをお勧めします!





DSC_1636



以前どこかで載せた上記の写真。 レボから届いてました数週間前に。「中小企業経営・政策(政策編)」 これまでレボのテキストを届くたびに紹介していたと思うので今回も。ただしざっくりと。。。

DSC_1641



まず、今回はこれまでと比べて非常に薄い。他の科目のテキストと比べるとだいたい3分の1くらいです。

DSC_1642

目次




DSC_1643

中身




DSC_1644



今回はこれまでのように補習と問題演習は付いてきてないけどちゃんとテーマごとに過去問を用意されています。



今回はこれくらいで。他に知りたい内容等があればコメントしていただければばばば。



ついでに上の写真の内容も覚えてしまいたい。

Q.政府の中小企業政策の具体的な取り組みの柱、8つの「行動指針」とは

1.中小企業の立場から経営支援を充実・徹底する
(中小企業の立場から経営支援)
2.人材の育成・確保を支援する
(ヒト)
3.起業・新事業展開のしやすい環境を整える
(仕事を始めやすい環境整備)
4.海外展開を支援する
(海外展開)
5.公正な市場環境を整える
(カネ(市場整備))
6.中小企業向けの金融を円滑化する
(カネ(滑らかなカネ))(笑)
7.地域及び社会に貢献できるよう体制を整備する
(地域 or 社会貢献)
8.中小企業への影響を考慮し政策を総合的に進め、政策評価に中小企業の声を活かす
(声を活かす)

カッコ内は自分で、短く言い換えた、というか、漠然と覚えられるようにするために・・・。

以上





  
レボ 中小企業診断士講座 59,800円~ 

DSC_1636



そういやレボ様から「中小企業経営・政策(政策編)」が届いてた。一週間前くらいに。薄め。これの中身については後日さらっと書いてみようかな。(日曜かな)
(この仮面ライダーたちは食玩ですよ!!クオリティが高い!かっこいいいいい!!)






サトウ君、タグチ君、手伝ってくれてありがとう!


どうも

即断即決、効率的な仕事ぶり&将来超有望株のキャリアリーマンです。


どうしたの中堅SEくん


え?取りたいと思っている資格があって勉強しなくちゃならないのに、それとは関係のないビジネス書や自己啓発書を読んでしまう?


ダメリーマン(´・ω・`)


モジホコリという粘菌はエサを手に入れるための迷路を迷いながら進みますか~?



しない。
最短距離で移動するの。
(参考:http://karapaia.com/archives/52085185.html



本当にやりたいこと、なりたい目標があればそんなことにはならない。


本気で勝負、

しないの?









大変失礼しました。


今思い付きで書きました。粘菌のネタもよく思いついたなと自分でも関心。

しかし「35億」にあたる部分は思いつかなかった。



ダメリーマン is me
(なんかウィズビーみたいな語感)


電車の中でも勉強すべきなのに、隙間時間は有効に使いたいのに、読書をしてしまう。今日もマーケティングについての本を読んでいました・・・。
ためになるのですが、今じゃない・・・・。

頑張らな。



で、それとはちょいと話が変わりまして、ちょいとね、ちょいと。


短大・専門学校等、在学中に保育士の資格を取った人とか、プログラミング系の勉強や資格をとった人がそのまま保育士になるとかIT系の企業へ就職するってのは一般的かと思うけど、中には惰性で進んだ人もいるだろうな~と思うこの頃。


といってもそれは仕方がないのかもしれない。若いときにそんなに深く考えられない。今でこそ色々な著名人の考え方や生き方を知ることができているので、その内容を自分に落とし込んで正に自分の足で将来を選べますが・・・。


「自分はこの資格を持っているから」や「この勉強をしたのだから」で、「だからこういう職種にしよう」となるのは若いうちは仕方がない。今思えばその「資格」「勉強」に縛られて、それを当てはめられる仕事は何か、という思考になってしまうのはしょうがないのかもしれない。

けれど本来は本当に自分がしたい仕事、を選んでおきたい。

「資格」を活かせる範囲の中で自分がしたい仕事、となるとだいぶ領域が狭くなる。

コンサルなんて中小企業診断士の資格がなくてもできますし・・・。というか中小企業診断士じゃなきゃできない職業というものって今はないですよね(ないよね??)

とはいっても先に挙げた粘菌のように、自分のやりたい仕事へ効率よく最短で向かうために必要であるなら話は別です。勉強しましょう。


ダメリーマンを脱却しつつ、視野も広く・・・。

以上!

こんにちわこんばんわ

タイトルの通り、本日セミナーへ行きました。会社とは関係ないやーつ。

モーニングセミナーというもので、朝の6時から1時間の講演、その後任意で朝食を参加者と一緒にいただくというものでした。

あ、中小企業診断士とも関係ないやーつ。

あまり下調べしないで行ったのですが、表向きには「経営者セミナー」というものでした。多くの参加者と名刺交換をしましたが、どれも役員、監査、取締役、、、もう場違い感で死を覚悟していましたが誰もが優しく・・・。

偉い人って良い人だ。ん?うーん。人当たりが良い?というのかな。で、講師の講演までそれぞれの会社の話を聴き、こういう会社もあるんだなぁ等々、色々考えた。

講演者は6つの事業の代表取締役、とある法人団体の千葉県代表、という方。ためになる話の中にも小笑いを挟んできたリ・・・すげぇ。

講演者の方とは来月のセミナーでまた会うかもしれない。


というわけでこれからはセミナーにどんどん参加していこうと思う。色々なことが学べる。それと今回のセミナーは無料だった。そういうものなのだろうか。それとも特別扱いだったのだろうか。

セミナー始めに「今回初参加の方がいます」という司会者の紹介であいさつしたのは私だけだったし・・・。私は20代、他の方々は4,50代だったし、珍しかっただろう・・・。


もっと具体的に書きたいが時間の節約。

以上。みなさまも1回は会社とは関係ないセミナーへ参加してみてはどうでしょう。知らない世界とレベルアップをした感(感覚かい)を得られる。

気を付けたいのはほぼ詐欺の情報商材によく扱われている高額セミナー 。これだけは避けましょう・・・。

↑このページのトップヘ